ディストラクションベイビーズ 真利子哲也

distraction-babies.com

 

 たまたまテアトル新宿にリップヴァンウィンクルの花嫁観に行ったときに見かけたのだけど監督があのイエローキッド真利子哲也と知って早速観に行ってみた。真利子哲也といえばイエローキッドが特にそうだったのだけど、粘着質な変態の撮り方がなかなかすごい監督で、なんというか異形の者の描き方が上手い人なんです。これって例えば漫画家の新井英樹とかもそうなんだけど、今作はあらすじなんかを見たりして新井英樹っぽい映画なのかなーと予想して行ったら完全に新井英樹でした。しかもThe World Is Mineでした。*1

 

 内容はもうひたすら柳楽優弥が通りすがりの人をむやみに殴りつけるだけの映画なんだけど、これはもう完全にモンちゃんですね。それに菅田将暉扮する腰巾着役のチンピラ裕也が出てきてモンちゃんを煽るわけだけど、はいトシですね。まあ役柄的に単なる頭空っぽのチンピラで自分より弱そうなやつしか手を出さず通りすがりの女子高生をいきなり殴ったりするようなクズの人なのでトシほど活躍しませんが。それとマリアポジションとしては巻き添えで拉致されるキャバ嬢、那奈役の小松奈菜なんでしょうか。ただこのトリオ3人が3人ともわりとクズっぽい感じなのでドラマ性は薄いです。主要キャラのうちで唯一主人公の弟が真人間で、四国を放浪して人を殴りまくるお兄ちゃんを心配してけなげに探して回りますが、いつもニアミスで見つかりません。かわいそう。

 

  で、この映画の見所というと多分大方の人も期待してるところの久々の柳楽優弥なんだけど、なかなかよかった。ほとんどセリフはありませんが、狂犬のような笑みを浮かべて獲物を探してさまよい歩く様がいい感じに痺れる。かなりのクオリティのモンちゃんじゃないでしょうか。モンちゃんじゃないけど。あと意外に小松奈菜の演技がキレてて良かった。瀕死の裕也を蹴りまくりながら罵倒するシーンがあって一部の業界の方にはご褒美じゃないでしょうか。知らんけど。

 

 総じてこの映画、出てくる登場人物がのきなみ暴力的です。TWIMもそうだったけど、こういうむき出しの暴力性ってまま人間性とは対立するようにも捉えられたりするけど、本当は人間の生命力の表出で、それが他者とぶつかるところに人間にまつわる様々な営みが生まれるのだと思う。それは倫理と呼ばれるものかもしれないし、正義と呼ばれるものかもしれない。観客はおそらく主人公泰良や裕也の露悪的に描かれた暴力に不快感を覚えたり、逆に那奈の報復に爽快感を覚えたりするのかもしれないが、そのこと含めてまるごと人間のやることなんです。そしてそれを値踏みするのも人間なんです。そういうどうしようもない人間性というものを撮るのが映画なんです、というと大上段でよろしくないけど、少しは当たってるんじゃないかと思ってます。

*1:どうも事前のトークイベントに新井英樹来てたみたいですね。しかしかなり痩せてるんだけど見るたびビジュアル違うなこの人。

最近聴いたもの 20160514

 

Metal Resistance

Metal Resistance

  • BABYMETAL
  • メタル
  • ¥2000

 

 今更ながら買ってみた。うーん、すごいねこれ。メタルアイドルポップなんて思いつくのもすごいけど、ここまでガチのクオリティでやられると脱帽。そりゃビルボード入りもしますよ。しかし21世紀に入ってもう10年以上経つわけで、ポップミュージックの音楽的遺産も膨大なものになって、Apple Musicなんかには一生かけても聴ききれないライブラリーがあるなかで、こういう風に特定ジャンルの再解釈でまだまだ面白いものは作れそうな感じはありますな。エレポップはもうあるから、ジャズアイドルポップとかどうだろう。さすがに食い合わせ悪いかな。*1

 

Propose

Propose

  • 清 竜人25
  • J-Pop
  • ¥2000

 

 これも今更だけど、もっと早く聴いてればよかった。大傑作でしょこれ。上のベイビーメタルの話で言えば、ファンクアイドルポップかな。一夫多妻制アイドルグループというデタラメな設定から溢れる強烈な多幸感。これはライブが見たいわー。

 

天声ジングル

天声ジングル

 

 

 これもいつの間にか出ていた相対性理論の新譜。相変わらず安定の薬師丸不動尊です。ただちょっとマンネリかなー。でもこの神聖かまってちゃん風のジャケットはなんなんでしょ。あとiTunesでなかなか出ないのはインディーだからなんですかね。

*1:よく考えたら下の清竜人25にスウィングみたいな曲あるな。スウィングはやりやすいか。

ゼンデギ グレッグ・イーガン

 

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 いつの間にかイーガンの新作が出ていたらしい。今回のネタもイーガンの十八番である人格のデータ化、なんだけど、従来作ではストーリーの前提であったそれの挫折というのが今回のテーマです。技術革新が浮き彫りにする人間性とその拡張というイーガンがずっと描いてきたものではあるんですけど、これはその失敗の話なので何か心境の変化でもあったんでしょうか。しかも序盤はイランの世俗革命みたいな話になっていて、んー、なんというか欧米リベラル白人の幻想が感じられてやや鼻白む感じ。原著の刊行はアラブの春直前のようなのでそれなりに時代を先取りはしていて、しかも雨傘革命で話題になったファイアチャットみたいな技術も出てきたりしてさすがイーガンというところもあります。でもなんというかセンスオブワンダーというと古いけど、ディアスポラみたいな圧倒的なワクワク感も、順列都市みたいなセンチメンタルもあんまりなくてどうなんでしょ、これ。自分が親の気持ちというのが実感できないだけかも知れませんが。死にゆく父が息子に何を残せるかというテーマ自体は面白いんですけどね。

リップヴァンウィンクルの花嫁 岩井俊二

rvw-bride.com

 

 かなり久しぶりの岩井俊二の新作。花とアリス見た時は岩井俊二もだいぶ丸くなったなーと思ったりしたけど、今回も多少ハードな展開はありつつもわりとお茶の間に流せそうな感じなのでリリィシュシュのすべてが特殊だったのかも。プロットとか道具立てとかは岩井俊二そのものなので往年のファンは楽しめるんじゃないでしょうか。客入りもなかなか良いようです。

 

 個人的には主演の黒木華の演技がなかなか凄かった。コミュニケーション不全のいじめられっ子演じたら日本一では。特に旦那の実家で義母に問い詰められてからのシーンが出色の出来栄え。全般にメンタル弱い子が追い詰められてパニック状態になる演技が上手すぎて見ててイライラしてくるぐらいです。あとCoccoは相変わらずCoccoだねえという。

 

 ただ個人的にはいつもの岩井俊二過ぎて多少物足りなかったところもあり、ちょっと綺麗にまとまりすぎじゃないでしょうか。上映時間は3時間もありますが。

帰ってきたヒトラー ティムール・ヴェルメシュ

 

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

 
帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

 

 

 これまたヒトラーもの。2011年の現代ドイツになぜか復活したヒトラーがコメディアンとして大ヒットする様を描く風刺小説。ドイツ本国では200万部を超えるベストセラーとなったという。

 

 映画「ヒトラー最後の12日間」以来、教科書的な絶対悪としてのヒトラーではなく、ある種のリアリティある存在としてのヒトラーが描かれる作品というのがぼちぼち出てくるようになったけれど、この小説もそのひとつ。本作は独白調でたどるヒトラーの思索のレプリカとでもいうか、明快なロジックと例え話で構築されたストーリーとしてのプロパガンダがなぜ人を惹きつけるのかを小説で表現するという、創作の醍醐味を味わえる作品となっている。

 

 交渉と説得のためのひとつの方法論として、人々の不満や疑問をトータルで説明する世界観を構築するというのがあると思っているのだけど、本書のヒトラーの一人称視点が語るのはまさにそれである。それは厳密な検証に耐える必要はないが、まったくの嘘ではいけない。重要なのは人々の経験と感情に沿うものであることであり、人間の本性と言ってもいい、人が持つ様々なバイアスに合致する必要がある。そして何より重要なことはそれを語る本人がそれを信仰していることである。交渉、政治、影響力を与え合う人の営みは信仰の戦いであり、各人が信仰する神々の戦いでもある。政治的正しさのような人間の思想に正解があるかのごときアプローチは、人の営みとしての政治においては時にもろさを露呈する。特にヒトラーのような相手においては。なぜなら、彼は歴史上においても稀に見る神々の闘争における勝者なのだから。本書はある種の自動機械としての人間、すなわち我々が、もう一度ヒトラーに出会った時何が起きるかを描いた、安全だが不気味なシミュレーションなのだ。

 

gaga.ne.jp

 

 なお映画化もするようです。

hなhとA子の呪い 中野でいち

 

hなhとA子の呪い(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

hなhとA子の呪い(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

 

 

 たまたまネットで見かけた書評で気になったので買ってみた一冊。

 

honz.jp

 

 あんまり付け加えることもないんだけど、こういう性にまつわる苦悩を描いた作品としては珠玉の出来栄え。ネットでたまに見かけるようなある種の性欲忌避志向の御仁には突き刺さるかもしれない。それこそ十代の頃のようなごく若い時分の男ならば性欲と折り合いのつけ方というのは一大事なのであるが、年齢とともに多くはパートナーを見つけることで性欲とのそれなりの付き合い方というのは多かれ少なかれ誰しも身につけていくものではないかと思う。逆にいえばそれがなかなか出来なかった人というのが性の非対称性がどうのとか述べたてて性欲の否定をロジカルに突き詰めるという無駄な努力に人生の貴重な時間を浪費する羽目になるわけで、これをいわゆる"こじらせる"と巷で言うわけですが、あなたのその苦悩は言葉で消し去れるような性質のものではありませんよ、とはいうものの、そう誰かが声をかけたら納得するという話でもなかったりする。端的に言うとこれって性淘汰の過程なのよね。生存の苦悩というのは人生のあらゆる場面に顔を出します。

 

 ちなみになぜ性欲があるのかとか性欲の原罪とかいう話は経験的な基礎を突き詰めると非常に面白いので、ご興味の向きはピンカー「人間の本性を考える」とか、ソーンヒル、パーマー「人はなぜレイプするのか」とかを是非ご一読を。

 

  特に「人間の本性を考える」の以下の一節は感動的。前もどこかで引用したかもしれないけど。

 

 ドナルド・サイモンズは、遺伝的な葛藤があるのは、そもそも私たちがほかの人びとに対する感情をもっているという事実のせいだと論じている。意識は、予測のつかない稀な必要物をどのようにして獲得するかを考えだすために必要な神経計算のあらわれである。私たちが空腹を感じ、食べることを楽しみ、たくさんのすばらしい味を感じる味覚をもっているのは、進化の歴史の大部分の期間、食べ物を獲得するのが大変だったからである。私たちは通常、酸素に対しては、生存に不可欠であるにもかかわらず、熱望や喜びや魅力を感じないが、それは得るのがむずかしくなかったからだ。酸素ならただ呼吸をするだけですむ。

 

 肉親や配偶者や友人をめぐる対立にも同じことが言えるのではないだろうか。夫婦は、もしたがいに忠実であることが確実で、自分の肉親よりもたがいを大事にし、同時に死ぬのであれば、二人の遺伝子上の利害はまったく同じで、二人のあいだにできた子どもにあるという話を先にした。あらゆる夫婦が一組ずつそれぞれ島に置き去りにされてそこで一生をすごし、子どもは成熟すると離れていって帰ってこないという種があったとする。この場合、遺伝子上の利害は同一であるから、このうえなく幸せなセクシュアルでロマンティックで友愛的な愛情が進化によってあたえられると思うかもしれない。

 

 しかしそんなことにはならないだろう、とサイモンズは論じる。この夫婦のあいだに進化する関係は、個体の細胞どうしの関係と似たものになるだろう。個体の細胞どうしも遺伝子上の利害は同一である。心臓の細胞と肺の細胞は完璧な調和を保っていくために恋に落ちる必要はない。同様に、その生物種の夫婦も、繁殖のためだけにセックスをするだろうし(なぜエネルギーを浪費する必要があるのだろうか?)そのセックスはホルモンの分泌や配偶子[卵子精子]の形成といった、ほかの生殖生理以上の喜びはもたらさないだろう。

 

 ”そこには恋というものはないだろう。ほかに選べる配偶者がいないのだから、恋をするのは大きな浪費になるからだ。あなたは配偶相手を文字どおり自分自身のように愛するだろうが、そこがポイントである。あなたは、比喩的表現は別として、あなた自身を愛しているのではない。あなたはあなた自身なのだ。二人のあなたは、進化に関するかぎり一体であるから、二人の関係は心をもたない生理によって支配されるだろう。…配偶者がけがをするのを見ると痛みを感じるかもしれないが、私たちが配偶者に対して感じる感情、うまくいけば二人の関係をすばらしいものにする(そして悪くいけばひどい関係にする)いっさいの感情は、けっして進化しないだろう。たとえその種が、そのような生活様式を取りはじめた時点で、そうした感情をもっていたとしても、洞窟に住む魚の目が淘汰されるように淘汰されるにちがいない。コストばかりかかって益がないからである。”

 

 家族や友人に対する感情にもおなじことが言える。心にいだく感情の豊かさや強さは、人生におけるそれらの結びつきが貴重でこわれやすいという証拠である。つまり、苦しみの可能性がなければ、私たちは調和的な至福を手にするどころか、それをまったく意識しなくなってしまうのである。

 

スティーブン・ピンカー「人間の本性を考える 中巻」P245

 

 

人間の本性を考える  ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス)

 
人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (下) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (下) (NHKブックス)

 
人間の本性を考える  ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス)

 

 

 

人はなぜレイプするのか―進化生物学が解き明かす

人はなぜレイプするのか―進化生物学が解き明かす

  • 作者: ランディ・ソーンヒル,クレイグ・パーマー,望月弘子
  • 出版社/メーカー: 青灯社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 152回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
 

 

最近読んだもの 20160504

 

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐 (中公新書)

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐 (中公新書)

 

 

 昭和陸軍の政策グループであった一夕会とその領袖、永田鉄山の思想と人脈によって昭和陸軍の政策構想とその帰結を読み解く一冊。満州事変から日中戦争、やがては第二次大戦に至る過程を昭和陸軍の中枢の動きから追っていく良作。このあたりの事情はある程度知っていたつもりだったのだけど、改めて当時の事情を追っていくと第一次大戦帝国主義の時代背景を前提にして、言ってみれば軍事官僚の集団であった昭和陸軍中枢が、派閥抗争を繰り返しながら当事者ですら懐疑的であった対米開戦に突き進んでいく過程が半ば不可避の道として見えてくる。終わりなき戦争の時代に自存自衛を維持するため、広大なアジアの資源をめぐり列強と対立し、ヨーロッパ制覇を目指すナチスドイツと対抗するソ連、イギリス、対独戦とヨーロッパの足がかりとしてのイギリス防衛を視野に入れたアメリカの思惑が複雑に絡み合う中で、最終的に対米交渉が行き詰まり、勝利条件すらあやふやな対米戦に突き進む過程の一体どこでどこまで引き返せばあの結末に至らずに済んだのか、本書を読んでも明確な答えは出ない。しかし戦前政治の主要プレーヤーであった昭和陸軍の内幕を知る重要な一冊。

 

ナチスの戦争1918-1949 - 民族と人種の戦い (中公新書)

ナチスの戦争1918-1949 - 民族と人種の戦い (中公新書)

 

 

 今年になって、今更やる夫ヒトラースレを読んでみて結構面白かったのだけど、そんな時たまたま丸善行った時に見つけたもの。人種戦争という側面からナチスの戦争を捉え、敗色濃厚になってからもなおユダヤ人の絶滅に没頭するナチスの行動原理をよく描き出している一冊。ちと反ナチが前のめりになっている感がないでもないが、よくまとまっている。